英語の発音をネイティブに近づけよう!Vol.3

ども!

世界を旅するフリーランスデザイナー aka English ナード のコーヘイですw

最近、英語の発音について、どのように上達させたか聞かれることが多くなってきたので、ブログでもまとめていこうと思います!

日本人でも簡単に発音ができる “ə” !

前回は「æ」という発音を紹介しました。この発音の仕方は日本語にはなかなかないため、自然な会話の中で意識をせずに使えるようになるためには時間がかかると思います。

今回はそれよりも簡単に発音ができ、かつ日本人が発音しすぎな「ə」という音を紹介しようと思います。

“ə” の音をもつ単語

・accept

・approve

・appeal

・alone

・acknowledge

お気付きの方も多いかと思いますが、最初のスペルがaで始まる単語の音はəという音を使っていることが多いです!

“ə” の正しい発音方法

この音は「シュワーサウンド」といい、口をできるだけ小さくひらき日本語の「あ」の音を発音します。

つまり、この音は単語を発音するときに重要な音ではありません。

例えば、acceptを日本人が発音するときはみなさん「アクセプト」と全部の音を発音していますが、本当に小さく「ア」を発音し、「ァクセプト」ぐらいの発音で構いません。(正確にいうとアクセントがあるので、他のセプトも多少小さく発音してみてください)

口を大きく動かさなくていいのでかなり楽に発音できるかとお思います。

以下にCambridge Dictionaryのリンクを貼っておきます。

音声データも搭載されているので、ぜひ自分の耳でも聞いて発音してみてください!

acceptの発音

http://dictionary.cambridge.org/dictionary/english/have

appealの発音

http://dictionary.cambridge.org/dictionary/english/last

補足になりますが、このシュワーサウンドに日本人がもっとも不得意とするRの音が加わると

“ɚ”という形になります。

herなどがこの発音になります。

(日本語の「は」のように口を大きく開かずに発音するということです)

次回はこれまたよく使われるが日本人が発音できない

ɑ

について紹介しようと思います!

この記事が面白かったら、ぜひシェアの方、よろしくお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする