29歳、海外を旅するフリーランスデザイナーになるまで Vol.5

前回はGo! Go! Nihonがどんな会社なのかを紹介しました!今回はそこからカナダ行きを決めるまでの話をしたいと思います!

日本で勉強するだけで英語が話せるようになるのか

当時僕は、フリーランスデザイナーとして、Go! Go! Nihonのほか3、4社と定期的に仕事をしていました。週に3日ぐらいはGo! Go! Nihonのオフィスに行っていた感じです。また、英語の先生をしている友人に個別でレッスンもしてもらっていました。そして、僕の友人の割合は日本人30%、外国人70%という感じだった思います。だから、正直、外国に行かなくても英語を喋れるようになるんじゃないかというふうに期待している自分がいました。

↑楽観的な顔してますねw

ある程度中学高校で文法とかの勉強をしっかりとやっていて、毎日ちゃんと英語の勉強をしていれば伸びると思います。でも僕は本当に英語の勉強をしてこなかったのでやっぱり伸びませんでした。よく、外国人の彼女、彼氏ができると話を聞きますが、僕的にはどうかなぁ。。。という感じです。結構、フィーリングで通じ合ってしまう部分もあるので、やはり自分で一生懸命勉強して、そして恋人と同棲しているのであれば別ですが、一緒デートしているだけではそこまで伸びないかなと思います。また、駆け出しのフリーランスデザイナーとしてスキルを磨くことも大事だったので、それを言い訳になかなか本格的な英語の勉強はしていませんでした。

よく一緒に遊びに行ったり、英語を教えてもらっていたアメリカ人のKatieとのツーショット。今でもよく英語についてネットで教えてもらっています。俺の顔、お笑い芸人の誰かに似てるな!w

20代後半になり英語が喋れないことの焦りを感じる

当時、Go! Go! Nihonはどんどんと大きい会社になっていき、メンバーも増えるにつれ、デザイナーとしてメンバーに入れてはもらったものの、やはりミーティングの時に英語を喋れない自分、また日本にきたてのメンバーとうまくコミュニケーションを取れない自分を当時すごく惨めに思っていました。いつか世界で活躍したい!という夢はあるのに、全然英語を話せていない自分にうんざりしていたのです。結果、日本人が英語を理解していない時に見せる、わかってないのを隠そうとする変な笑い方だけはプロフェッショナル並みにうまくなっていきました lol

よく技術があれば世界でも通用するという人がいます。確かにそうかもしれません。でもそれは、感情のないロボットやAIでも別に良いわけで、本当の意味でこれからインターナショナルに活躍するのであれば、やはり英語はマストだと思います。結局人間と人間の話なので。

金銭面での安定

大学を卒業してすぐにフリーランスデザイナーになったので(もちろん名前でけで当初は全然食えてないです)、なかなか金銭面で安定することは最初の頃は本当に大変でした。本当に実家の片隅で黙々とお金にならないようなものを作っていた時期も長いですw なので当時の目標は、まず30歳までにちゃんと自分で食ってけるフリーランスデザイナーになるというものでした。そしてそこで自分の中でけじめをつけてから海外に行こうと考えてました。でも、数年やっていくとそれなりに自分を必要としてくれる人は見つかるもので、27、28歳の時にはかなり安定してきたと思います。一度月に100万円稼いだことがあって、今まで稼げなかったぶん、かなり感慨深くなったのを覚えています。月収も確か30ー60万円ぐらいを変動する感じでした。でも、そこでやはり自分が今必要としてるものはいいところに住むでも、お金持ちになるでもなく、英語だ!と思い、本格的に留学について調べ始めます。学費はいくらかかるのか、生活費はどれぐらいかかるのか、どの国がベストなのか、それをインターネットでガンガン調べ始めました。確か、その時の貯金が300万円ぐらいでした。



ちょうどこの英語が喋れないフラストレーションと、金銭的な安定のタイミングが28歳ぐらいの時にあり、僕は本格的に留学をしようと動き始めました!!

留学エージェントは必要かどうか?

ここはみんなもかなり悩むところだろうなと思います。僕はまったく何もわからなかったので、カナダのBRAND NEW WAYという会社を使いました。確か神田あたりにある会社で、本社はトロントにあります。僕はかなり情報をしらべまくる派なので、色々検索した結果、そこが仲介料も取らずサービスも良さそうだったので決めました。というかGo! Go! Nihonで働いていたので留学エージェントの仕組みはなんとなくわかっていました。相談しに行った時に、「とにかく遊びに行くわけじゃないから学校に通いまくりたいんです」というのを主張しまくってたのを覚えていますw そして、半年ぶんの学校の学費と、1ヶ月分のホームステイ代合わせて約70万円ぐらいという見積もりを出してもらいました。(保険料はどうだったか忘れました)飛行機代はホットシーズンだったので往復で13万円ぐらいでした(7/22カナダ着のチケット)。この会社にはおよそ2年間ぐらいお世話になります。というのも、学校にがっつり入る際はエージェント使った方が多分特です。時間もかからないのと、学校との提携でディスカウントを持っていたりするので。なので学校の情報は自分で収集し、知識はある程度もちつつ、エージェントに最後の相談というのがいいかと思います。人数が少ない学校はエージェントにお願いしてプッシュしてくれるようお願いしたりもあると思うので、自分もある程度絞っていった方がいいです。 ここに関してはまた改めて記事を書きます!

いよいよカナダへ

さて、留学エージェントと話し合い、確か半年ぐらい先にカナダに行くことを決めました。そこから周りのお世話になった人たちにそれを伝え、僕が現場にいないとできないようなものは引き継ぎをしていきました(アートディレクション的なものや、映像のプロデュース関係、プロジェクトの制作進行などです)。でもグラフィックデザインや映像の編集などは海外でもそのままできるので、クライアントと話し合い、今でのその関係はずっと続いています。そして僕はカナダへ旅立ちました。

というふうな感じで、これが僕の “海外を旅する”フリーランスデザイナーになるまでの話です。

フリーランスデザイナーになるまでの話や、カナダでの生活や色々な旅の記録、英語を上達させる方法などもこれから公開していこうと思うので、引き続きよろしくお願いします!

とりあえず、「29歳、海外を旅するフリーランスデザイナーになるまで」はひとまず終わりです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする