head to vs head off 何が違うの!?

ども!

世界を旅するフリーランスデザイナー aka English ナード のコーヘイですw

最近は前置詞にどハマりしています!

さて、みなさんは下記のような表現を知っていますか?

・I’m heading to the airport.

・I’m heading off.

To head は To goの代わりにネイティブの間でも本当によく使われる表現です。

しかし、

head to vs head off

の違いは何でしょうか?

当時これらの表現をネイティブの友人たちからめちゃくちゃ聞いていたのですが、ただ暗記していた自分にはその違いがしっかりと理解できていませんでした。

前置詞の to とoff を理解すると簡単にその違いが理解できます。

今回は以上の違いについてまとめていきたいと思います。

どこに向かうかを明確にしなきゃいけない “head to”

基本 前置詞 to の後には向かう先を入れなきゃいけないので、toの後ろには場所の名前を入れなければいけません。

なので go toと同じ意味というふうに覚えてもいいでしょう!

向かう先を明確にしなくてよい “head off”

ここでの前置詞 offは離れるという意味になりますので、これから向かう先を明確にする必要はありません。

なので、leaveと同じ意味というふうに覚えてもいいでしょう!

【まとめ】

・I’m heading to a coffee shop. 

 コーヒーショップにいくね。

・I’m heading off.  

 もう帰るね。

補足として、さらに前置詞に対する理解を深めてみましょう!

下記のような表現を聞いたことがありますか?

I’m off to bed.

色々なネットで「もう寝るね」と訳しているサイトも多いかと思いますが。

I’m offでその場から離れて、to 〇〇〇で目的地に向かうという意味です。

そこから日本語役にすると「もう寝るね」という表現になります。

以上のことから考えると下記のような表現ができます。

I’m off to the school.

I’m off to the hospital.

この記事が面白かったら、ぜひシェアの方、よろしくお願いします! 😉

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする