雨が降ってきそう!”beat the rain”って知ってる!?

海外を旅するフリーランスデザイナーのコーヘイです!

みなさん、 ”beat the rain”っていう表現を聞いたことがありますか?

この前イギリス系カナダ人の友人と韓国料理屋に向かっていた時のことです。

雲行きが少し怪しくなってきて、雨がほんの少しだけポツポツ降ってきた時に、友人が “We gonna beat the rain.” と言いました。

English nerdの僕は思わず “What does it mean?” とすぐさま聞き返しました。w

今回は”beat the rain”について説明します。

 

We gonna beat the rain.

=「雨に当たらずにすむだろう」

なんで、”beat the rain” が「雨に当たらずにすむだろう」になるんだ!?と思いますよね!w To beatのもつ色々な意味をみていきましょう!

“To beat”のもつ色々な意味

To beatという動詞には多くの意味があります。Macmillan DictionaryとCambridge Dictionaryを参考にします。

to defeat or do better than = 〇〇〇に勝る

hit someone/something several times = 〇〇〇を叩く

③ To beat something that is going to happen is to take action before the thing happens = 〇〇〇がおこるより先に行動を起こす

例文

① He always beats me at tennis.

② Someone was beating a drum.

③ I leave work early to beat the traffic.

この最後の意味ですね。このTo beat を使った面白い表現は他にも色々あります。

・He was always trying to beat the clock and finish early.

 彼はいつも時間内に終わらせようと早めに終わらせていました。

・I always do my shopping early to beat the rush.

 俺は混雑した時間を避けるために、いつも早めに買い物するんだよね。

・Let’s beat the rain!

 雨が降る前に行こう!

補足:また発音は「ビートザレイン」ではなく「ビッ ダレイン」です!

日本語と同じように、1つの単語で色々な意味があるので、少しづつでいいので色々な表現をマスターしていきましょう。一番早く使えるようになるためには失敗してもいいので、どんどん口に出してみることが一番の近道です!

ではまた次回もお楽しみに!  😉

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする