そしてペドロはついにタマゴ男爵と相対しました

未分類

ペドロは麦わらの一味に涙を流しながら感謝するのでした

2つ目はアラバスタ編でペルが爆弾を運び、超巨大な爆発に巻き込まれたにも関わらず生きてることから、ペドロも生きてるのではないかと言われています。画像のように完全に覚悟を決めて爆発に巻き込まれたペルですが、その爆発が大きすぎて自身が吹き飛ばされたことで九死に一生を得ました。ペルはゾオン系で、ペドロは獣人であることから体が丈夫という点でも生きてるのでは?と騒がれています。

爆発を利用して逃げ回るペドロでしたがそこに立ちはだかったのがタマゴ男爵でした。因縁の二人は5年ぶりに刃を交えます。「今回は目じゃ済まんぞ!!」お互いの生存をかけた激しい攻防が繰り広げられました。そこにチョッパーたちの助けが入ります。ペドロは得意の爆発攻撃で自爆したと見せかけて、鏡の世界へと逃げました。

ペドロとは、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物でジャガーのミンク。1000年以上生き続ける巨大な象主(ズニーシャ)の上にあるミンク族の国・モコモ公国の剣士。ルフィ達を四皇ビッグ・マムから逃がすために、相手方の幹部ペロスペローを巻き込み自爆しして死亡したとされているペドロだが、度々『世界の夜明け』という言葉を口にしている。この記事ではペドロの言った『世界の夜明け』についての考察をまとめる。

ペドロは幼少期にロジャー海賊団と出会っています。その際に、ゴール・D・ロジャー、光月おでんと共に海に出たがりましたがロジャーから、「お前はまだ待機だ。」と出番が来る時を待つように説得されます。

現在ペドロはルフィ達とサンジ奪還のため、再びホールケーキアイランドに潜入しています。
もう潜入というレベルではないですけどね・・・
ペドロとブルックはルフィ達にサンジ奪還を任せ、現在ビッグマムの持つロードポーネグリフを狙って再び動いています。

ジャガーのミンク(♂)。くじらの森の守護者ネコマムシが主を務める戦闘部隊「侠客団(ガーディアンズ)」の団長を務める。「木の上のペドロ」の二つ名をもち、その名の通りよく高いところにいて偵察などを行っている。

前回、一番取り乱してたものの目を背けることなく前を見てるキャロットに胸が熱くなるな。ロジャーとペドロいわく「人には必ず出番がある」そうですからね。キャロットの出番はまさにこれからでしょう…。

ONEPIECEのコミックス19巻の175話の扉絵には、ルフィとナミの他にウサギの帽子を被ったジャガーが大きく背景に載っている。そして当話のタイトルは『解放』。ここから、このジャガーはペドロのことを表しており、ペドロがキャロットに後を託し、ルフィ達を開放することを指していたのかもしれない。

そしてペドロはついにタマゴ男爵と相対しました。
そして互角の戦いをみせる両者でしたが、ペドロの前に鏡の中にいるチョッパーが現れて、ペドロを鏡の中に引き込みました。

医療の心得がない他のメンバーもチョッパーのつくった解毒薬をもって走り回ります。サンジも料理を作って、ミンク族の人々に振舞いました。そしてイヌアラシ公爵とネコマムシの旦那の二人ともが眼を覚まし、ようやく国に落ち着きが戻ります。ペドロは麦わらの一味に涙を流しながら感謝するのでした。こうして、ペドロを中心としたミンク族と麦わらの一味衝撃的な出会いを果たしたのです。

仲間は気遣うものの、自身の身にそれほど執着はなく、危険を冒した攻撃も非常に多いです。特に爆弾を使う攻撃は自分も爆発に巻き込まれて志望する可能性がある中で繰り出します。懸賞金は先ほど述べたように3億8200万ベリーで、元弟分、現ビックマム海賊団幹部懸賞金3億3000万ベリーのペコムズと戦えるのはペドロしかいないといわれるほどの実力者です。

ミンク族特有の身体能力と剣による高速攻撃を得意とし、エレクトロ(電撃)をまとった攻撃を行う。
非常に身軽で、並の相手ならば捉えられないスピードで移動しながら攻撃したり、尻尾をヘリコプターのように回転させて空中でも一瞬軌道を変えることも可能。
また、自身を巻き込むリスクを承知のうえでの爆弾による攻撃も行う(尤も、爆弾攻撃はあくまで味方を巻き込まない状況でのみ行っている)。
彼の元弟分であるぺコムズですら3億3000万ベリーの賞金首であり、ネコマムシにペコムズを抑えられるのはペドロしかいないと評されている。
元々は歴史の本文探しが原因とはいえ、その懸賞金額の高さはペドロの戦闘力故と思われ、その強さは懸賞金4億2900万ベリーのタマゴ男爵との戦いでかつて左目を奪ったほど。
タマゴ男爵がエレクトロ対策をしていてもなお渡り合い、追い込んでいる。

ジャガーのミンク(♂)。
くじらの森の守護者・ネコマムシが主を務める戦闘部隊「侠客団(ガーディアンズ)」の団長を務める。
「木の上のペドロ」の二つ名を持ち、その名の通りよく高いところにいて偵察などを行う。
過去にペコムズ達と共に外海に出ていた時期があり、歴史の本文を探していた結果、賞金首になってしまっている。
賞金首になっていたこともあってか、自分達の一行には「ノックス海賊団」と名付けていた。
「ノックス」とはラテン語で「夜」の意。

そのため、探検隊はノックス海賊団と名前を変えざるを得なくなりましたが、ペドロは冒険を続けることに。しかし、旅の最後でビッグ・マム海賊団のタマゴ男爵と戦って敗北。

しかし、ペドロの元弟分のペコムズが懸賞金3億3000万ベリー、懸賞金4億2900万ベリーのタマゴ男爵を追い込んだことを考えると、相当な実力者であると考えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました