ビッグマム海賊団がサンジ達を追って ゾウへ上陸

未分類

そして ナミによってゾウで起きた出来事が明かされる

ゾウについたルフィはジャックの襲撃やサンジの失踪について、説明を受けます。そして、ルフィはビッグ・マムの茶会に潜り込み、結婚式をぶっ壊すと宣言しました。

主に新世界のゾウに住み、動物的な外見を持つ種族。人間からは「人間嫌いの種族」と思われているが、ミンク族側は人間を同族の一種と見ている。生まれながらに高い身体能力を持つ天性の戦士で、老若男女問わず護身の術や「エレクトロ」という体から電気を発する技を使う。

ジャックが、ズニーシャの左前足に集中砲火を浴びせ。たまらずバランスを崩したことで大地が揺れ、ゾウの住人たちは大混乱となる。また、ルフィには一方的に話しかけてくる声が聞こえ、モモの助の頭の中には、ジャックの様子が浮かび上がって・・・。

ルフィと共にゾウに到着した錦えもんと勘十郎でしたが、登象の途中で落下し、遅れてミンク族の前に登場しました。ジャックのゾウ襲撃の原因となったワノ国の忍者「雷ぞう」を実はミンク族が匿っていたことも判明しました。

偉大なる航路“新世界”に存在する島である。
島という扱いではあるが、実際は1000年以上生き続けている「象主(ズニーシャ)」という名のゾウである。地盤が生物であるため、記録指針(ログポース)では絶対に辿りつけず、地盤である象主が海を縦横無尽に歩きまわるため到達困難な「幻の島」扱いされている。
大昔に罪を犯し歩き続けることしか許されず世界を移動し続けているという。
島の住民はミンク族という獣人で、モコモ公国という名の国家を築いていた。
象主が鼻から吸う海水を濾過して飲み水を作り、背中から生えた植物や、象主が吹き上げる海水に取り残された魚を食べて暮らしていた。
象主の年齢と同じ1000年近いとされる歴史の長い国だったが、ルフィ達が来る数週間前に、四皇「百獣のカイドウ」の側近・ジャックの一団に壊滅させられてしまった。
象主と意思疎通を図れた事は皆無だという。ところが、再度ジャックの襲撃に際しされるがままであったが、ルフィとモモの助にだけ言葉が聞こえたらしく、自らの事情を語りモモの助が迎撃を命じたおかげで返り討ちにでき事なきを得た。
ハートの海賊団航海士・ベポやビッグ・マム海賊団戦闘員であるペコムズの故郷である。

ドフラミンゴを倒したルフィたちは、別行動中のナミたちと合流するため、バルトロメオらと共に幻の島「ゾウ」を目指す…!!しかし、巨大象の背で千年栄えたミンク族の国は、忍者を探すカイドウの部下たちにより無残にも荒らされた後だった。さらに、サンジはカポネ・ベッジと共に四皇ビッグ・マムの元へと旅立ち――。

ルフィたちを乗せ、再びゾウへと向かうゴーイングルフィセンパイ号。その船内ではバルトロメオが、ルフィたちがいかにして出会い、仲間となったのかを語っていた。ゾロや、ナミ、ウソップ、サンジとの出会い、アーロン一味との戦いなど話は尽きない・・・。

別行動中のナミたちを追って、次の目的地であるゾウへと向かうルフィたち。

モモの助の父が海賊王ロジャーのクルーで、世界の秘密を知ったと教えられ、おどろく麦わらの一味。現在、ワノ国は将軍と四皇カイドウによってほぼ制圧状態で、一緒に戦う同志を集めるため、錦えもんたちはミンク族を頼ってゾウを目指していたのだ。

百獣海賊団マンモス号船長。四皇カイドウの3人の「災害」と称される腹心の1人。懸賞金は10億ベリー。ゾウゾウの実の古代種マンモスの能力者であり、残虐な性格の持ち主。ジャックが通った土地は、まるで干ばつが来たかのように朽ち果て滅ぶことから「旱害のジャック」の異名を持つ。

U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、その期間中はアニメ『ワンピース ゾウ編』の動画を全話無料視聴できますよ。

ついに幻の島、ゾウへ到着したルフィたちはサニー号を発見するが、呼びかけに返事はなく船内には誰の姿も見当たらない。一方、革命軍の船に忍び込んでドレスローザを脱出したバージェスは、ラフィットたちに革命軍の総本部を突き止めたと連絡していた。

ネコマムシの旦那に会いに向かう途中、ブルックは2日前に起きたサンジ失踪について語り始めた。ビッグマム海賊団がサンジ達を追って、ゾウへ上陸。ペコムズは変わり果てた故郷におどろき、この惨状は麦わらの一味の仕業に違いないと咆哮を上げたが・・・。

ルフィたちはミンク族の歓迎を受けていた。麦わらの一味が人々の恩人とされているようだ。モモの助の無事がブルックから伝えられるが、全身骨で魅力的なブルックは、ミンク族に猛烈な歓待を受けた。そして、ナミによってゾウで起きた出来事が明かされる。

動画配信サイトでアニメ『ワンピース ゾウ編』の動画が配信されているか確認し、表にまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました