エドワードウィーブル ワンピース

未分類

エドワードウィーブル ワンピース

▼人造人間や改造説
エドワード・ウィーブルが登場した時に気になったのはウィーブルの体の傷です。顔や首や手首といった所に手術の跡があります。まるでフランケンシュタインのように・・・そしてミス・バッキンの指示や命令を受け行動しているような感じでした。実際会話を聞いていると知能的はかなり低いのではないでしょうか?もしかしたらバッキンが作った人間という可能性もあるかもしれません。

この可能性に関しては別のページで触れますが、もしかしたらミス・バッキンが“無垢な”エドワード・ウィーブルを洗脳し、操っている可能性もありますね。

また、今回はミス・バッキンという人物(老婆)が、白ひげの愛した女、かつ“白ひげJr”エドワード・ウィーブルの母として登場しています。

「エドワード・ウィーブル」を英語表記すると「Edward Weevil」となります。「weevil」というのは「象虫」「ゾウムシ」と呼ばれる小型の甲虫の事を指します。口先がやたら長くて、象の鼻みたいに見える虫なのですが、やたら外骨格が硬いんです。自らの外骨格の硬さに安心しきっているのか、動きは大したことないと言うか、むしろ緩慢。トロいんです。ウィーブルのキャラともかぶります。ウィーブルのひげは象の牙に見えなくもないです。

というのが現在わかっているエドワード・ウィーブルの強さになります。ちなみに当時の白ひげ海賊団は船員1600名、16の船長が居て、新世界で名のある43の海賊団が傘下に加わっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました