このことから ジャックの『ゾウ編』での態度が納得がいくでしょう

未分類

続いては ジャックの強さや覇気について考察していきましょう

そのため、大型の動物であったことからジャックの身体は巨人の様に大きく、攻撃方法は長い鼻を使い振り回すというものです。ジャックの強さは、ワラワラの実の能力者バジル・ホーキンスやリュウリュウの実の能力者X・ドレークらと同じくらいの強さだと言われています。気になる戦闘スタイルですが、2020年5月現在詳細は明かされていません。

続いて、ジャックに関して気になることといえば「覇気」が使えるかどうかということではないでしょうか?ここまでの圧倒的な強さを見せてきたジャックですが、実は覇気の有無について公式では言及されていません。ですので、ジャックが覇気を使えないという可能性も拭えないのです。「ズッコケジャック」と大看板のキングとクイーンに呼ばれるのは強いのに覇気が使えないからでは?とも言われています。

続いては、魚人族だというジャックの正体などについて考察含め見ていきましょう。ジャックは漫画『ワンピース』82巻で登場した「象主(ズニーシャ)」という1000年以上も生きる巨大なゾウを襲撃するというシーンがありました。その際、ジャックは船共々海の底へと沈んでしまったのです。ですが、沈んでしまっても尚、ジャックは冷静沈着で動じず、心の中では悪態をつくという態度を見せます。

ジャックは9月28日生まれの28歳、てんびん座です。以外にも28歳という若さということでびっくりした方もいるのではないでしょうか?ジャックは頭には2本の角、顔には鉄のマスクに大きな身体に貫録のある話し方から、『ワンピース』の中でも相当な年齢だと予想していた方も多いことが窺えます。強さも半端なく、戦闘にも慣れていることから若くはないとされていましたが、28歳という若さの持ち主でした。

続いては、ジャックの能力である「ゾウゾウの実」について見ていきましょう。ゾウゾウの実は、動物系悪魔の実であり、食べた者がゾウのような長い鼻になってしまうという特徴を持ちます。因みに、ジャックが船長を務める「マンモス号」はこのゾウゾウの実の能力が由来となっています。ジャックが食べたゾウゾウの実は古代種のモデルであるマンモスになってしまうという能力でした。

非常に獰猛で自信家。
彼の通った後は干魃が起こったかのように朽ち果て滅びることから「旱害のジャック」の異名をとり、懸賞金は破格の10億ベリー。これは戦闘力のみならず、何より破壊を好み多くの被害を齎してきた凶悪性も加味されていると考えられる。
「おれァ破壊が好きだ」と言い放つだけあって破壊という行為をこよなく愛し、無益な戦闘・蹂躙も厭わず、自分の意思を曲げることは皆無と言って良い程に無い。
他者の言うことを聞き入れることなく、己の思うままに眼前の存在を破壊していく様はまさしく「災害」。その残虐さには部下のジンラミーですら恐怖を抱くほど。
昼夜で交代するミンク族の二人の王であるイヌアラシ・ネコマムシと丸5日間互角に戦った事話を聞いたルフィは、イヌアラシと互角に戦える強さを持つジャックでさえカイドウの部下に過ぎない事に驚いていた。
そして目的の為には戦力差も鑑みず突っ込み、ミンク族を皆殺しにするために島並みの大きさを誇る象主(ズニーシャ)を殺そうとするなど、頭のネジが飛んでいると評されている。

その理由は、ジャックがズニーシャにやられたカットに映りこんでいました。

続いては、ジャックの強さや覇気について考察していきましょう。まず1つめは、ジャックとミンク族の戦いについてです。ジャックの武勇伝に「5日間不眠不休で戦った」というものがありますが、これはミンク族の王であるイヌアラシとネコマムシとの戦いでした。ミンク族とは半獣人と呼ばれる動物の顔つきの種族であり、戦闘種族とも言われているほど戦闘に有利な能力を持っています。

自分の懸賞金は全く興味・意味がないもののようで、ジャックの賞金額を誇る部下に対して「ペラペラとうるせェ部下だ」と不快感を露わにしている。
そんな彼でも冷や汗を流す存在がカイドウ。
特に酔っている場合は、“酔った勢いで”その地域一帯を壊滅させて百獣海賊団にも甚大な被害を及ぼしかねないため、ジャックをして「メチャクチャだぜ」と評している。
しかしカイドウに嫌々従っているわけではなく、その忠誠心が高く、自分の任務の失敗でカイドウに危害が加えられたことに責任を感じたり、非常時にはカイドウのためにすぐ行動を起こした。
また、百獣海賊団の最高幹部に位置する大看板キングとクイーンの弟分のような存在で彼らを「兄御」と呼び慕っているが、たびたび彼らから叱責を受けることがあり、「ズッコケジャック」と呼ばれることも。
一方、いざというときにはすぐ部隊を編成し行動するその判断力をキングから評価されてもいる。カイドウもジャックを大切な部下として丁重に扱っており、ジャックがミンク族に敗北しても敗北を責めることはぜずにその強さと戦果を褒め称え、治療に入るように言うなど、カイドウからの評価は極めて高い。

今回のまとめでは、テレビアニメ『ワンピース』に登場するジャックの正体や魚人族の謎、また、ジャックの能力である「ゾウゾウの実」の能力や強さに関してまとめていきます。ジャックについてまとめていく前に、テレビアニメ『ワンピース』に関する概要やあらすじについて見ていきましょう。テレビアニメ『ワンピース』は1999年10月より放送が始まり、2020年5月現在も放送されている長編アニメとして知られています。

なぜなら、イヌアラシとネコマムシは昼夜交代制で休みながら戦っていたのに対し、ジャックは一切休まず5日間戦い続けていたからです。

続いては、酒天丸と比べたジャックの強さについてです。酒天丸とは『ワノ国編』で登場する人物で盗賊団『頭山盗賊団』で棟梁をしているアシュラ童子です。巨大な牛にのる50歳前後の老人です。光月おでんに仕えた家臣団「赤鞘九人男」でもあった人物で、四皇のカイドウも彼を仲間にしたいと思うほどの実力の持ち主でした。

『ワンピース』では賞金に見合った強さと順位のキャラクターが多いことから、ジャックの懸賞金が10億ベリーということについて「高すぎでは?」という感想が多くありました。2020年現在のジャックの懸賞金順位は10位ということで、なかなかの高さを見せています。ジャックには何か秘められた役目があるのでしょうか?『ワンピース』のジャックの立ち位置に注目です。

続いては、ジャックの目的や現在、モデルなどについて見ていきましょう。まず1つ目は、ジャックの目的についてです。ジャックは『ゾウ編』にて、ミンク族とともに「象主(ズニーシャ)」を殺害しようというシーンにて大胆な登場となりました。

続いての考察は、魚人が悪魔の実を食べると水に強いか?というものです。これに関しては魚人族が悪魔の実を食べたからといって水に強くなるということはありません。魚人が悪魔の実を食べても水に対しての耐性はもともとの耐性と変わりないのですが、悪魔の実を食べたことによって魚人が水中で泳げなくなるというデメリットがあるのです。このことから、ジャックの『ゾウ編』での態度が納得がいくでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました