ドンキホーテホーミング聖 ワンピース

未分類

ドンキホーテホーミング聖 ワンピース

『ONE PIECE(ワンピース)』は集英社の『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画。主人公のモンキー・D・ルフィを始めとする魅力的なキャラクターが数多く登場するが、主要キャラクターは顔に何らかの傷を持っているものが多い。読者の間では、「“ 左右非対称 ” の法則」なるものが存在し、登場人物の顔の傷になんらかの意味や法則、また込められた思いがあるという考察が広がっている。
この記事では“ 左右非対称 ” に関する考察や予想をまとめる。

マキノは、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。第1話から登場しているキャラクターであり、主人公・麦わらのルフィの出身地であるフーシャ村の住人である。酒場で働くマキノは幼い頃のルフィやエース、サボの面倒もみており、また四皇の一人、赤髪のシャンクス達が村に滞在中は親しくしていた。新世界編に入ってからは扉絵で赤ん坊を抱いている姿が話題になり、この子供の父親が誰であるかという考察合戦がインターネット上で繰り広げられている。

日本の国民的マンガ「ワンピース」。その「ワンピース」に散りばめられた伏線の数々から様々な考察がネット上で巻き起こっています。その考察や解説、都市伝説をまとめました。この中で何個の考察が当たるのか?これからも目が離せません。ネタバレ要素をふんだんに含みますので、未見の方はご注意ください。

くいなは、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。ロロノア・ゾロの幼馴染であり、師匠であるコウシロウの娘。ゾロの過去の回想では11歳のころに事故で死んだことされている。くいなについては『ONE PIECE』の序盤の頃から実は生きているという生存説が流れており、また再登場するなら男になって登場するという考察もあった。そしてワノ国編に入ってからその考察が再び熱を上げている。

『ONE PIECE(ワンピース)』は集英社の『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画。登場人物の中には海軍や海賊などいろいろな立場の人間が存在する。その中でも剣を持って戦うキャラクターも多く、主人公の麦わらのルフィ一味であるロロノア・ゾロもその一人だ。彼の宿敵である元王下七武海ジュラキュール・ミホークも剣士である。この記事は『ONE PIECE(ワンピース)』に登場する剣士キャラクターをまとめる。

『ONE PIECE(ワンピース)』は集英社の『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画。総勢1,000を超えるキャラクターが登場し、物語の中を縦横無尽に駆け抜けている。登場人物達はそれぞれが皆個性豊かであり、魅力的だ。そのキャラクターの中には実在した海賊がモデルになっているものがおり、作者・尾田栄一郎が公言している人物もいる。この記事では読者が考察するものも含めて、『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物のモデル・元ネタとなった海賊についてまとめる。

ロロノア・ゾロは、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。主人公である麦わらのルフィの最初の仲間であり、『ONE PIECE』の中でも最古参のキャラクターの一人。三本の剣を操る三刀流剣士であり、「海賊狩り」の異名を持つ。その家族は明らかになっていないが、作中に登場している四皇カイドウやビッグ・マムなどの強敵達といくつか共通点があり、その人物達との血縁関係が考察されている。

人斬り鎌ぞうは、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。ワノ国編で登場した顔に包帯を巻いて不気味な笑みを浮かべる浪人である。しかしその正体は人造悪魔の実「SMILE(スマイル)」を食べ、その副作用で悲しみや怒りの感情を失い笑うことしかできなかうなったキラーであった。ユースタス・キッドが船長を務めるキッド海賊団の戦闘員であり、キッドと深い信頼関係で結ばれていたキラーの変わり果てた姿に、読者は多かれ少なかれショックを受けている。

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。
「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。
今回は、船長ルフィと供に数々の強敵を倒し、世界一の剣豪を目指している三刀流の使い手「ロロノア・ゾロ」の技についてまとめてみた。

『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』。作中には海賊や海軍、その他たくさんの登場人物・キャラクターが登場します。どのキャラクターも個性が強く魅力的で、中にはモデルとなった人物がいたり、元ネタがある登場人物もいる。この記事では、『ONE PIECE』のキャラクター達のモデルや元ネタをまとめる。

サカズキは、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。悪魔の実「マグマグの実」の能力者であり、赤犬の異名を持つ。初登場時は海軍本部の大将であったが、新世界編に入り元帥に就任している。全ての悪を根絶やしにするため、徹底的な正義を遂行する。「疑わしきは罰せよ」と民間人でも容赦なく抹殺する。サカズキという名前しか登場していないが、実はサカズキがワノ国の光月家の人間であるという考察が存在している。

ジュエリー・ボニーは、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。最悪の世代の一人で、自分や他者の年齢を自由に変えられる悪魔の実の能力者。
ボニーはソルベ王国のコニー王太后に姿を変えて世界会議に出席した。このことからボニーとコニーは同一人物であり、元王下七武海のバーソロミュー・くま(ソルベ王国元国王)の母親だという説が浮上した。しかし本記事はその説は誤りではないかと考察。ボニーの正体はビッグ・マムの娘でエースの母親であるという説について解説する。

ヤマトとは『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。”四皇”百獣のカイドウの娘であり、自らを「光月おでん」と名乗り”男”として生きている。イヌイヌの実・幻獣種 モデル”大口真神(オオクチノマカミ)”の能力者。幼少の頃から父・カイドウの手によって鬼ヶ島に監禁されているが、ルフィの兄・エースと邂逅し意気投合したことにより、自身も海に出て自由になりたいと決意。エースの弟であるルフィならば自分を船に乗せてくれる筈だと信じ、鬼ヶ島でルフィを待っていた。

『ロックス海賊団』とは、『ワンピース』に登場した伝説の海賊団である。
後に名を成す海賊たちが多数在籍しており、その当時は『最強の海賊団』として世界に名を轟かせていた。船長のロックス・D・ジーベックは、海賊王であるゴールド・ロジャーの『最初にして最強の敵』とされていた。
すでに壊滅しているが、船長を失っても力を増していると言われている。

お鶴は、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。ワノ国のおこぼれ町で茶屋をしている女性。光月おでんの家臣、赤鞘九人男の錦えもんの妻。昔は「鶴所(つるじょ)」として峠の茶屋の看板娘をしていた。
しかしこのお鶴が実は光月日和の母親であるという説がある。日和の正体はワノ国の花魁・小紫とされているが、それは実はブラフであり、日和の正体はお玉であり、そのお玉の母親がお鶴であるというのだ。この記事ではお鶴の正体からお玉(日和)の母親説までの考察をまとめる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました