まだ幼いデリンジャーの面倒を見たのがジョーラでした

未分類

まだ幼いデリンジャーの面倒を見たのがジョーラでした

デリンジャーは闘魚ほどの大きな体は持っていませんが、戦闘能力は普通の人間に比べると圧倒的に高いです。悪魔の実の能力者ではないですが、その強さからまだ正体が明かされていなかった時期は、なんらかの能力者なのではないかと考察している方もいました。実際にドレスローザ編では、スレイマン・ダガマ・ブルーギリー・イデオの4人を倒す実力を見せています。

デリンジャーの足技の能力には、足による攻撃が得意な脚長族のブルーギリーを倒すほどの強さがあります。バルトロメオのバリアは蹴り崩す事ができなかったものの、圧倒的な威力があることが分かります。また、イデオを倒した時は、闘魚の牙で噛み付いていました。普段のデリンジャーは人間と変わらない形の歯を持っていますが、戦闘になると歯が闘魚のような牙に入れ替わります。

デリンジャーの性別は男ですが、普段はギャルのようなオネエ言葉を使っています。この言葉遣いも、おそらくジョーラの影響が大きいと思われます。一人称は「あたし」で二人称は「あなた」、語尾には「〜のよね」をつけます。また、驚いた時は手を口元に当てて「キャー」と言い、ギャルのような仕草をします。戦闘中は余裕があるとこの口調でひたすら相手を挑発します。

そんなルフィの暗殺を目論むベラミーの背後から現れたのがデリンジャーでした。デリンジャーはドフラミンゴの命によって、ベラミーを消すためにやってきていたのです。デリンジャーはハイヒールを使った足で踏みつけるようにベラミーに攻撃し、戦闘不能にしてしまいました。このシーンから分かるように、デリンジャーは足を使った戦い方をします。

手長族のイデオは長い手を使ってデリンジャーを追い込みますが、足技の攻撃で弱ったところで闘魚の牙で噛みつかれて戦闘不能になってしまいます。また、デリンジャーは戦闘能力が高いだけでなく、その闘魚の血筋から残虐でもあるので容赦なく敵を噛みちぎります。さらに闘魚から受け継いだ角を使い、相手に突進してダメージを与えることもできます。

デリンジャーの正体は闘魚の半魚人なのですが、普段は人間と見た目は変わりません。闘魚のような角が生えているというくらいです。ただし戦闘になると歯が闘魚のような尖った牙に変化します。この牙は闘魚のように人をも食いちぎるほどの力があります。また戦闘する時は、背中から闘魚のようなヒレを出します。戦闘が白熱すると徐々に闘魚のような姿になっていくのが特徴的です。

ちなみにデリンジャーの正体である闘魚というのは、ドレスローザ近海に住んでいる魚のことです。闘魚には闘牛のような角が生えており、相手に突進して攻撃を加えることもあります。その力は頑丈に作られた鉄橋をも歪ませ、破壊するほどの強さがあります。デリンジャーの正体は闘魚の半魚人なので、半分はこの闘魚の能力を受け継いでいます。

デリンジャーの性別が男だと判明したのは、ワンピース76巻のSBSコーナーです。作者の尾田栄一郎は貧乳女性キャラを今まで描かなかったが、デリンジャーは初の貧乳女性キャラになるのかという質問がありました。その質問に対して尾田栄一郎は「すいません!あいつ男(笑)!!」と回答しています。尾田栄一郎の解説によると、まだ赤ん坊の頃にデリンジャーはドン・キホーテに拾われたそうです。

デリンジャーの正体は闘魚の半魚人だと判明しましたが、実はもう一つ不明な点がありました。それは性別です。デリンジャーは少年のような中性的な顔立ちで、ホットパンツとハイヒールを履いており、ギャルのような口調で喋ります。そのため、デリンジャーは読者から見ると男なのか女なのかよくわからない性別不明のキャラクターでした。

まだ幼いデリンジャーの面倒を見たのがジョーラでした。ジョーラには少女趣味があり、ローもドン・キホーテ海賊団に所属していた頃、ジョーラからリボン風に包帯を巻かれていたことがありました。ジョーラにとって性別は関係なく、可愛くしたいという趣味があるようです。そのジョーラに女の子のように育てられてしまったので、ホットパンツとハイヒールを履き、ギャルのような言葉遣いになったそうです。

『ワンピース』のアニメで、デリンジャーの声優を担当しているのは宮田幸季です。宮田幸季は1972年10月9日生まれの日本の声優で、81プロデュースという声優プロダクションに所属しています。以前、声優のよこざわけい子が設立したゆーりんプロに所属していた頃は「宮田始典」として活動していましたが、事務所を離れた時に芸名を宮田幸季に変更しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました