セニョールピンク ワンピース

未分類

セニョールピンク ワンピース

山路和弘は吹き替え声優としてデビューしており、日本でも大ヒットを記録した『トランスポーター』シリーズで知られるジェイソン・ステイサムや『X-MEN シリーズ』のヒュー・ジャックマンなどを演じています。『ワンピース』では劇場版13作『ONE PIECE FILM GOLD』でギルド・テゾーロ役も担当しています。近年では『バケモノの子』の猪王山や『波よ聞いてくれ』の久連木克三なども担当しています。

そして、不運にも土砂崩れの下敷きとなり「ルシアン」は植物状態になってしまいます。植物状態となった「ルシアン」には感情がなく、「セニョール・ピンク」の問いかけには反応しませんでした。

その日からセニョール・ピンクはルシアンの笑顔を見るために赤ちゃんの格好をして会いに行くことにします。町の人に笑われようと、病院の人に笑われるようともセニョール・ピンクは赤ちゃんの格好をし続けました。

セニョールは「ドンキホーテ海賊団」のメンバーであり、赤ん坊のようなファッションに、サングラスという奇抜な風貌が特徴的なキャラ。だが見た目とは裏腹に、愛する妻のルシアンと我が子を失った暗い過去をもつ。フランキーとはドレスローザで真っ向勝負を繰り広げた間柄だ。

ピンクのワンピースは女の子らしくて可愛い♡どこのブランドが良い?

考察②は『ルシアンが笑った時のセニョール・ピンクの名言』です。今でも赤ちゃんの格好をしているセニョール・ピンクですが、それはルシアンへの想いがいまでもあるからです。人に笑われても、セニョール・ピンクはこの格好をし続けるという覚悟を表した名言となっています。

セニョールのエピソードが描かれたのは、今から約6年前。ファンにとっては待ちわびたシーンだったため、《扉絵、絶対ルシアンの話やん。フランキーとセニョール・ピンク渋すぎ》《この2人がバーで語らう姿を見たかったから嬉しい…フランキーはセニョールと絶対いい親友になれるよ》《フランキーとセニョールが飲み語りしてるじゃないっスかーーッ!! めっちゃ見たかったヤツ!!》《ずっと待ってた構図で感動した。セニョールには幸せになってほしい》《フランキーとセニョール・ピンクが一緒に飲んでる~。ルシアンのこと話してんのかな… ちょっと目頭が熱くなった》といった感想が殺到している。

第775話『ルシアンに愛を込めて』では、大技を繰り出すためフランキーを掴んで空高く舞い上がったセニョールが、「このまま飛べればルシアンに会えるのに」とポツリ。戦いに敗れた後も、セニョールはルシアンを想って涙を流していた。

たった1枚のイラストに秘められた、さまざまな物語。セニョールとフランキーが一体どんな会話を交わしたのか、想像力が掻き立てられてしまう。

そんな時「セニョール・ピンク」が「ギムレット」の”ボンネット”を被って見せると「ルシアン」に笑顔が。それ以来、「セニョール・ピンク」は「ギムレット」の”ボンネット”や”おしゃぶり”をするように容姿が変わっています。

それだけでなく、2人が飲んでいるカクテルにもある秘密が。実はセニョールが亡くした息子の名前は「ギムレット」。そして2人が飲んでいるのも、逆三角形のカクテルグラスにライムらしきスライスが添えてあることから、「ギムレット」というカクテルである可能性が高い。

ここからはアニメ『ワンピース』でセニョール・ピンクの声優を担当した山路和弘について見ていきましょう。セニョール・ピンクはアニメでも人気を博し、しゃがれた渋い声は数多くのファンを喜ばせました。セニョール・ピンクの声優・山路和弘は結婚などでも注目された声優なので、山路和弘のプロフィールや出演作品を詳しくまとめていきましょう。

しかし、突然に発熱により「ギムレット」を失い、「ギムレット」が高熱の時に銀行員と嘘をついていた「セニョール・ピンク」の銀行に連絡するも、そんな社員はいないと「セニョール・ピンク」が嘘をついていた真実を知り、怒り嵐の中 家を飛び出すことに。

考察③は『ルシアンは今も生きている?』です。ルシアンは医師から『長くはもたない』と言われていました。しかし、セニョール・ピンクはいまでも赤ちゃんの格好を続けています。そのためルシアンは今も生きていると考えるファンも多くいます。

作者・尾田栄一郎はコミックス78巻で、ハードボイルド小説『長いお別れ』に登場する名ゼリフ「ギムレットには早すぎる」にちなんでセニョールの息子を命名したことを明かしていた。また、カクテルには花言葉のようにそれぞれ意味があるのだが、「ギムレット」が意味するのは「遠い人を想う」「長い別れ」だという。

コメント

タイトルとURLをコピーしました