ネプチューンは言葉の語尾に「~じゃもん」と付ける口癖があります

未分類

ネプチューンは言葉の語尾に「~じゃもん」と付ける口癖があります

リュウグウ王国国王のシーラカンスの人魚。
「海神ネプチューン」の異名を持ち、かつては「海の大騎士」と呼ばれた海の戦士。三叉槍と“人魚柔術(マーマンコンバット)”を操るが、現在は無理をすると持病のギックリ腰が出てしまう。語尾に「じゃもん」と付けてしゃべる。娘にしらほし、息子にフカボシ・リュウボシ・マンボシの三兄弟、亡き妻にオトヒメを持つ。
ホーディ率いる新魚人海賊団のクーデターにより捕らえられてしまい、王子たちと共に処刑されそうになるが、麦わらの一味によって救出された。

ネプチューンは言葉の語尾に「~じゃもん」と付ける口癖があります。ほとんどのセリフでこの口癖を言ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました