マリンフォード ONE PIECE

未分類

マリンフォード ONE PIECE

王下七武海の一人。元懸賞金3億4000万ベリー。 他人を操る力を持っている。マリンフォードでの頂上戦争内で、ここが中立であり、勝者だけが正義だと言い放つ。どこか戦いを楽しんでいるような節がある。

2年前、当時の海軍本部であるマリンフォードで発生した海軍及び王下七武海と、白ひげ海賊団(傘下を含める)及びインペルダウン脱獄囚の間で発生した大規模戦闘。
“頂上戦争”や“頂上決戦”などと呼称される事が多い(作中の呼称は「頂上戦争」の様子)。
終盤には黒ひげ海賊団や赤髪海賊団も姿を現すなど、本作でかつてない大乱戦で、現在作中で判明している戦いの中でも最も大規模な戦いである。
10年を超える長期に渡る連載の中で(モブなどは死亡乃至「出番がなくなる」という形で死亡はあったりしたが)、回想を除き、初めて主要キャラに死者が発生した戦いとして有名で、結果的に「ONE PIECE」という作品の方向性さえも変化させた大きなターニングポイントである。
アニメ版では9ヶ月かけて放送された。

マリンフォードで処刑のときを待つエースの前に、世界最強の海賊・白ひげ海賊団が傘下の海賊たちを引き連れて現れる!総力を挙げて立ちはだかる海軍本部三大将、そして王下七武海が海賊たちと正面から激突し、頂上戦争が勃発…!そこへインペルダウンから抜けだしたルフィが脱獄海賊軍団とともにマリンフォードに突入し、白ひげ海賊団と手を組むが…!

頂上戦争への介入を目論んだ四皇の一角・百獣のカイドウがマリンフォードを目指して出陣するも、阻止に動いた赤髪海賊団と衝突するという事件があったことが語られる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました