これからのベポの活躍を楽しみにしたいと思います

2年後の姿についてはあまり変更点のなかったベポ

結果的にローに助けられる形となったベポはローを慕うようになり、またペンギンとシャチも自分達を倒したローに対し憧れを抱き慕うようになりました。

今のところベポが変身した姿は描かれていませんが、今後の展開によってはベポが変身した姿も描かれることになるかもしれません。

そこに居たのは現在ハートの海賊団で仲間となっているペンギンとシャチの二人であり、当時は悪ガキであった二人からベポは虐められてしまう事となりました。

実際ワンピース本編で2年後の姿が描かれたのはゾウ編になってからでしたが、それでも他の海賊団の船員に比べて比較的早い登場だったと言えます。その際描かれた2年後のベポの姿は、初登場の際来ていたのと同じつなぎで、他の船員についても、つなぎの色は以前のものに戻っていました。しかしながら、帽子など細かい点が変更されていたことが確認されています。

これからのベポの活躍を楽しみにしたいと思います。

その時ベポがさまよっていたのがスワロー島という場所だったのですが、元々そこの「悪ガキ」だったペンギンとシャチに出くわし、2人のいじめられてしまいます。しかしいじめられている最中、そこへ1人の少年が現れます。その少年こそが現ハートの海賊団の船長であるトラファルガー・ローでした。ローはコラさんと別れ、隣町へと移動してきたのですが、そこで悪ガキだった2人に因縁をつけられてしまいます。

ゾウの出身者である「ミンク族」だったベポ。では、ミンク族とは一体どのような種族なのでしょうか。まず特徴として挙げられるのは通常の哺乳動物と人間を足して2で割ったような姿である事が挙げられます。中には見た目が通常の動物とほぼ変わらない者も存在しますが、それでも人間と同じ言語を操る事ができる者ばかりのようです。

しかし物語が進むにつれ、ベポが人語を話せるのは、悪魔の実の能力によるものではないという事がわかりました。次の項目からはベポの正体について細かく見ていきます。ベポの正体について核心についてネタバレを多分に含みますので、未読の方は十分ご注意ください。

ベポ達が到着してから少し間を空けてローは同盟を組む事となった麦わらの一味と共に、ベポの「ビブルカード」を頼りに「ゾウ」へと辿り着いています。

他の特徴としては、船員たち服装も挙げられます。ベポを始めハートの海賊団は全員つなぎを着用しており、例外は船長であるローのみとなっています。更にその例外であるローについてはデニムパンツやパーカー等、現実世界の若者のような服装をしていることが非常に多いキャラクターとなっています。ワンピースでは非常に特徴的な服装をした海賊団と言えるのではないでしょうか。

ハートの海賊団のマスコット、ベポについてまとめてみました。

潜水している最中のポーラータング号の室内はかなり温度が上昇するらしく、アニメで潜水中のポーラータング内の様子が描かれていた時には、ベポが汗をかきながらダウンしてしまっている様子も描かれていました。器用な上に人語も話す為、他のキャラクターと同様に見られがちですが、ベポはあくまで白熊なので、毛皮が原因で他のキャラクターより暑さには弱いようです。

ハートの海賊団の海賊船は潜水艇でもあり、それによって海軍本部からの追撃を避けてマリンフォードからルフィを脱出させる事に成功したベポ達は、ルフィに恋心を抱く「王下七武海」の一人であるボア・ハンコックの申し出を受けてハンコックが統治する女性だけしか居ない島「女ヶ島・アマゾンリリー」へと身を隠しルフィの治療をする事となります。

そんな中、ハートの海賊団は一足先にワノ国へ行くことに。ワノ国編でどのようなストーリー展開が見られるのかは不明ですが、直近でベポが活躍する場面といえばワノ国編で間違いないでしょう。

2年後の姿についてはあまり変更点のなかったベポ。では、懸賞金についてはどうでしょう。ベポの所属するハートの海賊団の船長トラファルガー・ローについては2年後王下七武海に加入し、懸賞金が一時期取り消されていたものの、取り消し前の懸賞金はシャボンディ諸島編での登場時に比べ、大きく跳ね上がっていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました