ナミ達をおでん城跡に残し カイドウの下へ走るルフィとロー

未分類

2021年現在 ルフィとカイドウの戦いは佳境を迎えています

ルフィVSカイドウの勝敗が決し、第一幕は終幕。その幕引きでは、〝最悪の世代〟の一人であり、海賊団の船長を務めるユースタス・〝キャプテン〟キッドがルフィの前に現れます。どうやら彼も、カイドウ討伐を望んでいるようなのですが…!? 第916話「生き地獄 ルフィ屈辱の大採掘場」を、最後までご覧ください!

百獣海賊団にはカイドウの懐刀であり「災害」と称される三人の大幹部(大看板)がおり、その中には狂暴極まりなく到底人に従うようには見えないような“旱害のジャック”もいる。
海賊団の戦闘員は角の装備をつけていることが特徴で、戦力は本船だけでも約2万人と非常に膨大。ジャックの率いた部隊だけですら、「まるでとめどないゾンビの軍団…!!」と評されたほど。
トラファルガー・ロー曰く”カイドウを倒す為には、いかに百獣海賊団の戦力(特に能力者)を減らすかが重要”という。
ワノ国では国を守る「明王」と扱われている。
百獣海賊団の本拠地はワノ国・兎丼「常影港」から見える「鬼ヶ島」。
ワノ国を支配する理由は海楼石の産地であることと、ワノ国の加工技術を利用するための武器工場を確保するため。

今回は、四皇の1人カイドウについて、能力や強さについて徹底考察してきました。徐々に正体が明らかになってきたカイドウですが、その強さには知れば知るほど絶望感が増すばかりです。
2021年現在、ルフィとカイドウの戦いは佳境を迎えています。ワノ国編のラスボスであるカイドウと、2度の敗北を喫したルフィの戦いには、どんな結末が待っているのでしょうか。
今後の「ワンピース」ワノ国編の展開に注目です!

ビッグ・マムとカイドウは、共に『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物であり、四皇と呼ばれる大海賊である。ビッグ・マム海賊団の船長であるビッグ・マム(本名:シャーロット・リンリン)と百獣海賊団の船長であるカイドウは昔ロックス海賊団という同じ海賊団に所属していたことが判明しており、仲が良いわけではないが昔からの知り合いであることが明かされた。ワノ国編では同盟を組むことになったビッグ・マムとカイドウの関係について考察をまとめる。

戦闘描写
アニメ915話ではその防御力が(尺の都合上)強調されているが、原作での戦闘はあっさり終わった。

アニメ版において覇気を暴発させた際には、紅紫色のオーラ(または稲妻)を赤色のオーラを纏うルフィと対応するかのように纏わせており、通常モードのカイドウに戻った際には多少なりとも本気になると赤みがかった黒色のオーラが発生している。
声優
カイドウの担当声優である玄田氏は映画第二作目のねじまき島の冒険のラスボスであるベアキングを担当している。

つまり、カイドウはこれまで敗北こそすれども誰も殺せなかったそれは彼自身も然り。
初登場時は「陸海空… 生きとし生ける全てのもの達の中で…… 『最強の生物』と呼ばれる海賊…!!!」と解説された。また、獣形態はこれまで登場したどの動物系よりも巨大である。

超新星編では頂上戦争の前日、新世界にてシャンクスと小競り合いを起こした。海軍本部では、戦争を機として白ひげを討ち取ろうと目論んだカイドウをシャンクスが止めに入ったのではないかと推測されたが、「うまくやったよ白ひげのジジイは……」という台詞から死に場所を求めて頂上戦争に乱入しようとした模様。

ナミ達をおでん城跡に残し、カイドウの下へ走るルフィとロー。しかし、カイドウがおでん城跡に〝熱息(ボロブレス)〟を放ち、城一帯は跡形もなく消滅してしまいます。
カイドウの巨体がうごめく様はアニメで観るとさらにダイナミックで大迫力! 〝熱息〟の破壊力は、〝最強生物〟と謳われるだけあって、思わず息を呑むほどの凄まじさです。
対してルフィは仲間を想い、怒りのままにカイドウに進撃。〝ギア3〟〝ギア4〟の大技を連発し、息をもつかせぬ猛攻をしかけるルフィの迫力たるや! 絶対に倒すという気概が伝わる、勇ましい表情にも注目です。手に汗握る激闘は、第913話~第915話でご堪能あれ!

原作45巻で、モンキー・D・ガープに語られる形でその他の四皇と共にシルエットで登場したが、初めて名前が明らかになったのは原作47巻のスリラーバーク篇。
マリンフォード頂上戦争の直前に、四皇・赤髪のシャンクスが率いる赤髪海賊団と新世界にて小競り合いを起こした(海軍本部は、戦争を機として白ひげを討ち取ろうと目論んだカイドウを、シャンクスが止めたのではないかと推測していた)。

ヤマトは、『週刊少年ジャンプ』の大人気海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の登場人物。ワノ国編で初登場をしたキャラクターであり、四皇カイドウの実子である。一人称が「僕」であり、鬼の棍棒を振り回す勇猛な戦士。光月おでんに憧れており、自分は「男になった」と主張しているが実は女性である。実父であるカイドウのことを心の底から嫌っており、カイドウの敵であるルフィ達に加勢する。インターネット上では、ジンベエの次に麦わらの一味になるのではないかという予想が立てられている。

部下からの報告で腹心ジャックによるドフラミンゴ奪還が失敗に終わりSMILEの入手が今後不可能になった事を知ったカイドウ。

異名:百獣のカイドウ、この世における最強生物懸賞金:46億1110万ベリー肩書き:四皇所属:ロックス海賊団見習い → 百獣海賊団総督悪魔の実:不明(リュウリュウの実の幻獣種である事はほぼ確実)覇気:覇王色誕生日:5月1日趣味:自殺笑い方:ウォロロロ『新世界』に皇帝のように君臨する4人の海賊『四皇』の1人。『世界最強の生物』と称される男。これまで誰にも殺せず、自分で死ぬ事もできなかった。そんな世界に飽き飽きしており、全てを破壊する戦争を引き起こそうと企む。王下七武海ドンキホーテ・ドフラミンゴとの取引で人造悪魔の実『SMILE』を入手し、500人を超える能力者の軍団を築いている。鎖国国家『ワノ国』の将軍・黒炭オロチと結託して、ワノ国を支配し、ワノ国にある『鬼ヶ島』を拠点としている。

四皇の一人で百獣海賊団船長。
超新星編では「かつて新世界でモリアと渡り合った海賊」として名前とシルエットのみ登場し、新世界編突入後、ドレスローザ編最終盤でようやく姿を見せた(パンクハザード編でもローの台詞に名前のみ登場しており、通り名が「百獣のカイドウ」と明かされた)。

死に場所を求めていたカイドウは今の赤鞘達に20年前のおでんが果たし損ねた自分が望む死を齎すかもしれない、という期待を抱いていた。しかし実際に彼等の刃を受け止めた結果その次元には至らないと悟り落胆したカイドウは赤鞘の覚悟は認めつつも彼等を淡々と倒していく。戦いの後、焔雲で鬼ヶ島を宙に浮かせ花の都へと運び始めるのだった。そして鬼ヶ島がワノ国に移動している最中、ドーム屋上にルフィ、ゾロ、ロー、キッド、キラーが次々と到着。自分を無視して錦えもんの元へと寄り添ったルフィを叩き潰そうとするも寸でのところで躱され、流桜を会得したルフィのゴムゴムの業火拳銃(レッドロック)がカイドウを捉える。

第一幕
頭山盗賊団の棟梁・酒天丸と旱害のジャックの闘いの最中に天から黒雲を掻き巨大な龍の姿でおこぼれ町の上空に現れる。
酒に酔っていたカイドウが、酔った勢いで町を破壊しないように、酔いを醒めさせようとホーキンスがカイドウが探しているルフィとローは『おでん城跡』に隠れているという嘘で誘導。ルフィの仲間達が潜む城跡を“熱息”で吹き飛ばす。
それでも殆ど酔いが醒めなかったカイドウに対して、仲間を襲撃されたことに激怒したルフィが攻撃を仕掛けるが無傷で耐え抜き、逆にルフィを“雷鳴八卦”の一撃で下す。
その後、気絶しても覇王色の覇気で威嚇してくるルフィの闘志を認めて部下にすることを決め、心をへし折ればいい戦力になると、兎丼の囚人採掘場に連行させた。
第二幕
シャーロット・リンリン率いるビッグ・マム海賊団の襲来に対処。キングにより撃退した際は全面戦争にならなかったことに心を落ち着かせる。
黒炭オロチによる康イエの処刑の際には、えびす町の住民の悲しむ姿を肴に酒を楽しんでいた。
終盤、クイーンによって鬼ヶ島に移送されて来たビッグ・マムと対面し、先の宣言通りに激突する。夜通し戦い続けるも決着はつかず、協力して世界を取ってから決着をつけることで意気投合し、百獣海賊団とビッグ・マム海賊団で海賊同盟を結ぶ事を声を揃えて宣言する。
第三幕
都で年に一度の祭事“火祭り”が催されている頃、カイドウとオロチ達は本拠地・鬼ヶ島で大々的な宴会を開き盛り上がる。
カイドウはこの宴会の席でとある“重大発表”を予定。失踪している”バカ息子”のヤマトを連れ戻す様飛び六胞に呼び掛ける。今回の発表内容に重要な役割があるヤマトをキングが招集した“飛び六胞”に対して「大看板への挑戦権」という褒美を掲示してまで捜索に駆り出している。
オロチの内通者であったカン十郎改め“黒炭カン十郎”が、おでんの息子・光月モモの助を連行しオロチ達の下に帰参した際には、「あの時」と全く変わらない無力な子供であるモモの助からは「聞きたい事」の答えは望めないとして興味が失せ、加えてヤマトも現れる様子がなかったことで痺れを切らし、前倒しで重大発表の内容である「新鬼ヶ島計画」の全貌を語り出した。
先日のドフラミンゴの捕縛により今後のSMILEの生産が望めないことや、海軍や世界政府が自身ら四皇にも匹敵する戦力を手にしたという情報を受け、それに対抗するためにビッグ・マム海賊団と連携し”古代兵器”と”ひとつなぎの大秘宝”を入手するなど更なる武力の向上を計画し、その絶大な軍事力をもって世界中に恐怖と戦争をもたらし、「暴力の世界」と称する世界規模の大戦を勃発させることを宣言する。その上でワノ国全土の支配および武器工場化、人民の奴隷化、国名を「新鬼ヶ島」に変えるという方針を掲げる。
新鬼ヶ島の将軍にはヤマトを立て、オロチの傘下である侍達には「主君オロチと共にここで死ぬかおれ達と世界を獲るか」選ぶことを要求し、「新鬼ヶ島計画」に異を唱えたオロチの首をキングの日本刀で斬り落とす。
突然の事態に動揺した侍達は、カイドウを敵に回すのは流石に分が悪いと判断。お庭番衆隊長の福ロクジュ、見廻り組隊長のホテイは即座に百獣海賊団入りを宣言したことでオロチ軍の戦力約1万人がカイドウの軍門に下り、大きな騒動は起こらずその場は収められた。侍達が屈服した事を確認したカイドウはモモの助の処刑を始めようとするが、せめてもの慈悲として暗に「光月家とは無関係」であると騙れば見逃そうと改めて彼の名前を問い詰める。しかしモモの助はカイドウからの情けを一蹴。その場でモモの助を処刑しようとするが、錦えもんら赤鞘九人男の奇襲を受け、場所を鬼ヶ島「ドクロドーム」屋上に変え迎撃。その最中に「お前らの気迫に………!! 光月おでんの影」を見るも「お前らはやはりおでんじゃなかった………」と見做し叩き伏せて圧倒。更には「新鬼ヶ島計画」を実行に移す為、鬼ヶ島を焔雲に乗せ、花の都に向かう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました