アブサロムは『ONE PIECE』の登場人物

未分類

アブサロムは『ONE PIECE』の登場人物

スケスケの実の能力はシリュウに奪われてしまいました、モリアがアブサロム奪還を試みますがこれも失敗の様相を呈しており、ワンチャンモリアが生きて、アブサロムの死体を持ち帰れればゾンビとしての復活もあり得ますね。

海賊島・ハチノスと呼ばれる黒ひげ海賊団が占拠する島に、アブサロムはライターとして潜入したものの残念ながら捕縛。その後、どういった経緯があったのかは不明ですが、カタリーナ・デボンが「死体ならあるわよ」と言ってることからもわかるようにアブサロムは死亡。

またゲッコー・モリアはこのまま黒ひげ海賊団の一味に入る可能性が高く、アブサロムの死体もバトル時に使用する可能性がありそう。現在『ワンピース』のストーリーはモリアと因縁深きカイドウが支配済みのワノ国編の真っ只中。

それゆえに、スケスケの実の力を奪われてしまったアブサロムの死は確実のように考えらえますが、その後の復活はあるかもしれません。彼が本当に死亡したのかも明らかにされていないため、かすかではありますが生きている可能性もありました。

アブサロムは『ONE PIECE』の登場人物。

「キッド・アプー・ホーキンスの同盟記事」を出したアブサ(アブサロム)は、スクープによって周囲を混乱させておいてその後その島からもスムーズに脱出しています。彼が脱出した船の帆にはスリラーバーグの文字が描かれていたためほぼ確実に彼がフリーライターとして活躍していたと考えられるでしょう。スケスケの実の力を上手に活用することでフリーライターの仕事も簡単にできると考察できます。

動物系のイヌイヌの実モデル九尾の狐の力を持っているカタリーナ・デボンによって実力が読みにくいアブサロムの死を知らされますが、ワンピースでは意味もなく死亡者を出さない漫画として有名なため、もしかしたら死んでいないという説も流れています。また、カゲカゲの実を扱うことができるモリアと天才外科医であるホグバックらは死体さえあれば、その後彼を復活させることもできました。

部下思いのモリアが怒り狂って黒ひげ海賊団に乗り込んできた際には透明になったシリュウから背後を襲われていました。その際に特に技名は披露されていませんでしたが、透明化することで相手に分からないように攻撃するというアブサロムのスケスケの実の力を確実に奪って扱っていることが伺えます。

スケスケの実の能力を使用することで自らの姿を隠すことができるアブサロムは、頂上戦争において船長であるゲッコー・モリアの命を救っています。かつて王下七武海の1人であったモリアでしたが、ドンキホーテ海賊団の船長を務めているドフラミンゴによって命を奪われそうになりました。その後瀕死の状態となっていたモリアにとどめを刺そうとしたドフラミンゴでしたが彼の姿はパッと消えてしまったのです。

アブサロムの名シーンや名セリフをご紹介していきます。

ちなみにゲッコー・モリアがアブサロム奪還のためにゾンビ兵と共に乗り込んだシーンは、ネット上では話題に。当初モリアは嫌なキャラとして描写されていたものの、意外と子分思いの良いキャラクターだったらしい。

黒ひげ海賊団の能力者狩りによって死亡したとされるアブサロムを好きだった人は、彼を思い泣いてしまったようです。彼の魅力的なキャラクターに惹かれていた人はかなり多く、悲しむ声も寄せられています。復活を願う声もありましたが、ほとんど絶望的な状況にただただ泣いて悲しむ人もいました。

また改めてアブサロムとモリアとの深い関係性がそこからも読み取れます。そのため現在、モリアはアブサロムのもとでかくまわれているものと考察されます。むしろモリアの悪魔の実や戦闘力の高さはスクープを撮る上で役に立つ。

実際、アブサロムが所有していたスケスケの実の悪魔の実はシリュウが現在所有してることが発覚しております。

カゲカゲの実の力を扱うことができるモリアは死体さえあれば死んでしまった人間であってもその後ゾンビとして復活させることができました。また、天才外科医として活躍していた幹部のホグバックもかつては同僚であるアブサロムの全身を改造しています。この2人が揃っていれば仲間の彼が仮に死亡していたとしても、その後ゾンビとして確実に復活させることができるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました