ドクトルホグバック ワンピース

未分類

ドクトルホグバック ワンピース

ドクトル・ホグバックを演じた声優・岩崎ひろしが吹き替え声優として担当したのが、こちらの画像のローワン・アトキンソンです。岩崎ひろしは、ローワン・アトキンソンの吹き替え声優として、コメディ映画として人気のシリーズ「ジョニー・イングリッシュ」や、日本テレビ版のMr.ビーンの吹き替え声優などを担当しています。

ドクトル・ホグバックは、敵キャラながら個性的でユニークな性格で面白いと人気を集めるキャラクターです。面白いと人気のキャラクターなだけに、最後の描写もあいまいで、現在は何をしているか定かではないものの今後の登場が期待されているキャラクターです。ワンピースにはほかにも個性豊かなキャラクターが多数登場するので、気になった方は見てみてはいかがでしょうか?

ドクトル・ホグバックは敵のキャラクターですが、面白い憎めない敵キャラクターとして人気を集めています。特に、ドクトル・ホグバックとシンドリーの漫才のようなやり取りが面白すぎるといった声も多く上がっている人気コンビです。南海キャンディーズがモデルとなっているという噂も頷ける面白いやり取りが、ドクトル・ホグバックの魅力でもあります。

ドクトル・ホグバックとシンドリーのコンビが好きといった声が多く、シンドリーのツンデレさに従うドクトル・ホグバックが可愛いといった声も多く上がっています。シンドリーに対して横暴ともいえるような命令をするドクトル・ホグバックですが、シンドリーのやることを許してしまう惚れた女に対する健気さや一途さが可愛いと人気です。

彼の名前は「ドクトル・ホグバック」。世界最高の医術を自分自身の私利私欲のために使った男。

今回はそんなドクトル・ホグバックを基本情報や名シーンからご紹介していきます。

一般的な海賊船の船医に相当する。四怪人の中で唯一戦闘力が皆無だが、医療技術により死体の強化手術や仲間の治療を行いモリアをサポートする。
その医術は作中でも最高級であり、腕や足、筋肉等の完全な移植手術が可能。
また、オーズの遺体は凍傷で右腕が欠けており、作中で見られる右腕はホグバックが精巧に復元したもの。

ワンピース世界では欠損した身体の部位を復元できる医術は基本的になく、青キジが片足である事から海軍本部や世界政府の医師でさえ、そこまでの医術はないと推測できる。
シーザーやジャッジなど、ベガパンクの科学・医学情報の盗用で同格の技術を得た者はいるが、ほぼ単独で復元などに成功した人物はいまだ現れていない。
彼の医術はオペオペの実やチユチユの実と言った作中屈指の回復能力にも匹敵すると言えるだろう。

ドクトル・ホグバックを演じた声優・岩崎ひろしが吹き替え声優として担当したのが、こちらの画像のロビン・ウィリアムスです。岩崎ひろしは、ロビン・ウィリアムスの吹き替え声優として、ファンタジーコメディ映画として人気のシリーズ「ナイトミュージアム」や、A.I.の吹き替え声優などを担当しています。

ドクトル・ホグバックが、チョッパーと闘うシーンが好きといった声も多く上がっています。医者と医者との対戦が、専門的な要素を含んでいながら、お互いの医者としてのポリシーを語っているところなどがとてもかっこいいといった意見が多いです。悪役ではあるものの、ポリシーがあるところがドクトル・ホグバックのその後が気になるといった声が上がるほどの人気がある理由ともいえそうです。

世間の評判通りというべきか腕は確か。
だが優れた手腕に反比例して非常に傲慢で、医者としての倫理観も欠如している。
例えばスリラーバークで対峙したチョッパーに対して
「おれはただ天才だっただけ!金の為に手術はやったが、診たくもねェ患者達が次から次へとひっきりなしに世界中からやってくる!迷惑なモンだ、面倒臭ェ!そこいらのバカ医者共に救えねェ命もおれなら救えちまう、こんな天才の悩みがてめェにわかるか!?」
と言い放ったり、使用人で自分が作り出したゾンビでもあるビクトリア・シンドリーを蹴り倒した上で「床を舐めろ」と命じ、その横で「おれもそうだが、彼女もさぞ嬉しかろう… 再び人間としてこの世を生きる事ができるんだからな!」と悪びれもなく語るなど品格は相当に下劣という他ない。

なおモリアと接触する前はまだギリギリ踏みとどまっていたようだが、シンドリーの逝去などによって悪漢と化した模様。

そんな悪辣さの一方、普段の生活ではシンドリーに振り回されるギャグ要員と化しており、ゾンビ以外の同僚にも皮肉混じりながら協力しあうなど、味方との関係はそれなりに良好。
味方に対しては歪みや裏表の少ない発言も多く、稀に敵対者にも”御見それした”等、おちょくりなのか本人なりの敬意なのか判断し難い言動を見せている。
そして自身の条件通りシンドリーを”復活”させたモリアの能力を「奇跡的な能力」と評しており、モリアへの忠誠心が特に高い人物でもある。

医師として問題点の多い人柄のため、純粋に敬意を抱いていたチョッパーには「ここまで悪党だと気持ちいいくらいだ」と激しく失望されているが「尊敬すんのはてめェの自由、失望すんのは筋違い! てめェの理想と違ったおれを医者として許せねェとでも思うのならとんだ思い違いだぜ!」
と、ある程度は筋の通った正論を返したりもしている。

ちなみに黒ひげ海賊団の船医・ドクQは普通のリンゴに「食べると爆発するもの」を交ぜて配り「運試し」をするという人命を軽視したような事をしていたため、ホグバックほどの外道でも比較的害が少ない方なのが悲しいところ。
おまけに、(新旧七武海メンバーの中では)政府組織に対する問題行動が少な目なモリアの影響なのか、海軍や政府の要人視点では悪目立ちするような行動がドクQ以上に少ないうえ、海賊以外の生者への問題行動も間接的なものが目立っている。

なお彼とは真逆と言える人物にDr.ヒルルクがいる。
相当なヤブ医者の上に素行は悪く、かつて大泥棒として荒稼ぎしていた事もあるので善人とはとても言えないが、一方で医者としての心構えは本物。
そして「金のために」やっていただけのホグバックと違い、どんな治療も無償で請け負っていた。

ローワン・アトキンソンは、1955年1月6日生まれ・イングランドのだラム出身のコメディアン・俳優・脚本家です。ローワン・アトキンソンはイギリスで人気のコメディアンで、コメディアン中のコメディアンとも言われている人気芸能人です。日本でも人気のMr.ビーンの主役を務めるなど、日本でも知名度の高い俳優です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました