さらにペローナが特ホロで制し 見事本体に戻る

さらにペローナが特ホロで制し 見事本体に戻る

今回は、サブキャラ人気の高いペローナの再登場の可能性や、年齢、強さを考案していきました。

ここまで来ると、ペローナはワンピースの物語の中の重要人物と言ってもおかしくないかもしれません。

「助けて、そげキング」
突然ウソップがそげキングの仮面をつけ反撃に出る。
急な反撃にクマシーは浄化されてしまう。
さらに、冷静になったウソップはペローナのトリックを見破ることに成功する。実は、戦っていたペローナは幽体離脱した霊体で、本体は別の場所に隠していたのだった。

ともあれ、ワノ国編でゾロが麦わらの一味を抜ける、或いはゾロが死亡すると言う噂があり、その理由を考察した説の中にペローナとゾロの結婚や子供(息子)が関係すると考える説が有るのです。ある説では、ゾロがワノ国で危機的な状況にあった子供(息子)を救い出し、その後この子供(息子)が自身とペローナの間に生まれた子供(息子)である事を知り、ゾロはけじめをつける形で麦わらの一味を抜けるのではないか?と考えているようです。

さらに、相手の攻撃はすり抜けて効かないが自身の攻撃は与えられるという状況で、ペローナはウソップを徐々に追い詰める。

しかし、ゲッコー・モリアはワンピース頂上戦争編以降長い間登場が無いキャラクターであり、現在どの様な強さを持ち、どの様な仲間を持っているのか不明です。この為、かつての配下であり今もゲッコー・モリアを慕っていると考えられるペローナが、再びゲッコー・モリアの配下として登場するのではないか?と考えられています。

ひょっとすると、今後何らかの形でペローナが再登場した際に、そのあたりにも触れるかもしれませんね。

更に、ホロホロの能力は、霊体(ゴースト)を作り出し操る事が出来ます。ペローナがホロホロの能力で作り出したゴーストは、接触した対象者をネガティブな精神状態に陥れるものと、破裂して攻撃性の高い衝撃波を生み出すものの2種類がありますが、ワンピースファンの間では前者のネガティブな精神状態にするゴーストこそがホロホロの能力の恐ろしさだと考えられているようです。

ただし、前向きで一般的な人間には例外なく効果が現れる為、「ペローナの能力は無敵なのでは…?」

それに気づいたウソップは大爆発星で本体を狙うが、大爆発星が不発。さらにペローナが特ホロで制し、見事本体に戻る。

麦わらの一味再集合の地であるシャボンディ諸島へゾロを送り届けて以降のペローナは、ワンピース本編への登場は無いものの扉絵にて度々登場し新世界編突入後の様子が描かれています。扉絵に描かれるペローナは、鷹の目のミホークと行動を共にしている様子が描かれている事から、ゾロを送り出したペローナは再び鷹の目のミホークが住むシッケアール王国跡地へ戻っている事が判明しています。

ペローナと同じくらいの強さを持っているのではないか?

ペローナの再登場に関する説としてゲッコー・モリアの次に挙げられるのが、鷹の目のミホークとの再登場です。この説は、現在のペローナが鷹の目のミホークと行動を共にしている事を根拠とするもので、ペローナの再登場は鷹の目のミホークと行動を共にしている形のまま描かれるのではないか?と考えられています。では、鷹の目のミホークはいつ頃ワンピースに再登場するのでしょうか?

ある説では、ペローナが父親と慕う元王下七武海ゲッコー・モリアの再登場に合わせてペローナも再登場するのではないか?と考えられています。では、ゲッコー・モリアはいつ頃再登場するのでしょうか?この点については、ワンピースワノ国編での四皇カイドウ戦が有力と考えられています。この根拠となるのが、かつてゲッコー・モリアがカイドウと一戦交えている事がワンピースの作中に描かれている点です。

ワンピースのサブキャラの中で結構人気のあるペローナですが、今までに二回登場しており、“重要人物”と言っても過言ではない立ち位置なので、今後も再登場する可能性は十分に高いと予想しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました