Drベガパンク ONE PIECE

Drベガパンク ONE PIECE

アニメ「ワンピース」のパンクハザード編のあらすじでは、科学者「シーザー・クラウン」が自分の部下を騙し元同僚「Dr.ベガパンク」がガスを撒いたせいだとウソをついていました。科学者「シーザー・クラウン」は、自分の方が「ベガパンク」よりも天才だと思い、妬んで追放したんだと言い放っています。ですが、科学者「シーザー・クラウン」は、自分より「ベガパンク」の方が優れていると痛感しているシーンなどもありました。

アニメ「ワンピース」のあらすじで正体不明の科学者「Dr.ベガパンク」は、新世界のからくり島の未来国バルジモアの出身だという事が明らかになりました。アニメ「ワンピース」のあらすじで主人公の「モンキー・D・ルフィ」率いる「麦わら海賊団」は、バーソロミュー・くまとの対戦でバラバラに飛ばされてしまいます。麦わら海賊団の船大工「フランキー」は、科学者「ベガパンク」の研究施設へと飛ばされました。

フランキー(Franky)は、尾田栄一郎作の漫画『ONE PIECE』及び、それを原作とするテレビアニメ『ワンピース』に登場する人物である。

フランキーは、科学者「ベガパンク」の研究施設を爆破してしまいましたが、爆破によってもう1つベガパンクが研究施設を作っていた事が発覚します。隠された研究施設には、正体不明の科学者「Dr.ベガパンク」の兵器的発明の資料が保管されていたのです。吹き飛んでしまった施設には、フランキーの発言によって「文化的」にぶっ飛んだ発明に関する資料が多く保管されていた事が明らかになっています。

シャボンディ諸島での戦闘中に、再び現れたバーソロミュー・くまの肉球によって偉大なる航路の未来国バルジモアに飛ばされ、Dr.ベガパンクが生まれた家にたどり着いた。アニメ版ではそこでコーラの代わりにダージリンティーを内蔵され紳士になってしまう。Dr.ベガパンクの研究所にある砕氷船を入手するため研究所に入った際、誤って研究所の自爆スイッチを押してしまい、「バルジモアの悪夢」を引き起こし、顔の皮膚が吹き飛んでしまう。その後、新聞に載っていたルフィの「16点鐘」の行動にメッセージがあるのを読み取った。

“ヒトヒトの実”の能力者で、麦わらの一味の船医。人としての能力を身につけた元トナカイ。動物系悪魔の実の特性で姿を変化できる。何でも治せる医者、“万能薬”になると決意し、Dr.くれはから医術を教わる。

パンクハザード島の研究施設を根城にする科学者で、元は海軍科学班に所属するDr.ベガパンクの部下。危険な思想を持っていた為、科学班を追放された過去を持つ。“ガスガスの実”の能力者。

コメント

タイトルとURLをコピーしました