ハグワールDサウロ ONE PIECE

未分類

ハグワールDサウロ ONE PIECE

ワンピースでは少ない登場回数であったものの、不遇な環境に育ったロビンを大きく変える名言を残したり、物語中盤で登場した「Dの一族」の繋がりから、読者の間でサウロの再登場が期待されており、主人公・ルフィ達と共に、ハグワール・D・サウロの動向にも着目して楽しみたい作品でしょう。

ロビンの恩人である「ハグワール・D・サウロ」

以上、Dの一族「ハグワール・D・サウロ」が生きているという根拠でした。

世界政府が隠し続ける空白の100年に関する情報のうち、歴史の真実が明かされるキーパーソンとして「Dの一族」というワードが登場しました。ミドルネームにDの付く人物は、ルフィ達に加えてハグワール・D・サウロも該当します。今後のワンピース世界の鍵を握る人物の1人として、ハグワール・D・サウロも欠かすことのできない人物でしょう。

登場回数が少なかったが、孤独だったロビンに優しく接し、生きること・笑うことの大切さを教えるハグワール・D・サウロの名言は、今も多くの読者の共感を得ています。また、ワンピース世界では「Dの一族」に該当する登場人物であることから、何かしらの形でハグワール・D・サウロが再登場を果たすのではと推測されており、サウロの新たな名言にも期待が寄せられています。

ワンピース・オハラ編にて、ロビンを島から脱出させたサウロは、その後、海軍将校の青キジの「アイスタイムカプセル」を受け、氷漬けにされてしまいます。しかし、氷漬けにされた生物は、適切な処置を行えば生き返ることが判明していることや、青キジの政府に対する不信感などから、ハグワール・D・サウロは、然るべき時が来るまで氷漬けにされたと、ネット上でささやかれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました