クローバー博士の仮説で語られた『ある巨大な王国』の存在

クローバー博士の仮説で語られた『ある巨大な王国』の存在

ここで改めて、クローバー博士が『空白の100年』に対して打ち立てた仮説を振り返ってみましょう。最初に「現在 この世に残る事実の中で 最もわしらが知りたい事は ”歴史の本文(ポーネグリフ)”の内容は もとより その存在理由 過去の人々がなぜ わざわざ鉱石のテキストを使い それを未来へ伝えようとしたのか… 砕けぬ石に歴史を刻んで世界中にバラまいた… ただ紙や本に書き残しても そのメッセージは根絶やしにされると考えたからではないか!?つまり これを残した者達には 明らかに”敵”がいたという証拠じゃ!!」と切り出したクローバー博士。このことから「その者達が何らかの”敵”に敗れ 滅亡したと仮定するならば ”敵”は その後の歴史に生き残っておるはずじゃ 奇遇な事に… ”空白の100年”が明けた 今から800年前 その時ちょうど誕生したのが「世界政府」”滅びた者達”の”敵”が もし現在の「世界政府」ならば ”空白の100年”とは「世界政府」の手によって もみ消された不都合な歴史とも考えられる…!!!」との仮説を打ち立てました。

ワンピース クローバー博士 ネタバレ-さらには、五老星とクローバー博士の会話から、彼らが 「空白の100年」 の真実を知っていることも分かります。 クローバー博士は「空白の100年」が “世界政府によってもみ消された不都合な歴史” であるという仮説を立てたのですが、第3位 クローバー博士 考古学の世界的権威です 。 22年前、西の海にある”考古学の聖地”オハラで「歴史の本文(ポーネグリフ)」の研究を極秘裏に行っていましたが、それを知った世界政府によって島ごと消滅させられてしまいました。

S 幼sd/半袖フードワンピース(クローバー柄) s S 幼SD/半袖フードワンピース(クローバー柄) S 販売価格 1,3円 (税込)漫画 ワンピースについて オハラのクローバー博士が仮説した世界政府の敵「すべての鍵をにぎるある巨大な王国」とは、 空島編に出てきた「黄金都市 シャンドラ」なのではないでしょう〝キャラクターに関する情報〟 クローバー は ONE PIECEcom(ワンピース ドットコム)でチェック!

クローバー博士の仮説で語られた『ある巨大な王国』の存在。今なお世界政府が世間の目を遠ざけようとしている王国は、果たしてどのような”存在”で、どんな”思想”を持っていたのでしょうか?

さらに、クローバー博士は「遥か昔の文献と 発見した いくつかの”歴史の本文(ポーネグリフ)”を読み解く事で 我々はやがて一つの国の存在に気づいた…… 今はもう跡形もないが 文献の上に浮かび上がったのは ある巨大な王国の姿……!! かつては強力な力を誇ったようだが その国の情報は執拗なまでにかき消されておる」と証言。その上で、「恐らく後に「世界政府」と名乗る連合軍の前に 敗北を悟った彼らは その思想を未来へ託そうと 全ての真実を石に刻んだのじゃ それこそが現代に残る”歴史の本文(ポーネグリフ)”………!!!」「”古代兵器”は確かに世界を脅かす!!! ……だが!!それ以上に歴史と共に呼び起こされる その王国の”存在”と”思想”こそが お前達「世界政府」にとっての脅威なのではないのか!!!」という見解を示していました。

オハラの考古学者クローバー博士が立てた仮説によると、空白の100年には次の2つの勢力が敵対していたとされています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました