マーシャルDティーチ黒ひげ ワンピース

マーシャルDティーチ黒ひげ ワンピース

お宝をめぐってバトル! マンガ『ONE PIECE(ワンピース)』のゲームの内、パーティゲーム作品のまとめ。 アクション要素が強くなりがちなワンピースですが、ちょっと変わったボードゲームも存在します。

そして、黒ひげ海賊団の海賊船の名前が「サーベル・オブ・ジーベック」でしたが、ここにロックスの名前がしっかり入ってる。名字の「マーシャル」の語源がマーシャル諸島と仮定すると、跡形もなく消滅したとされるゴッドバレー島とマーシャル諸島のビキニ環礁で起きた水爆実験がまさに重なる。

ONE PIECE(ワンピース)のゲームである「アンリミテッド」シリーズのまとめ。 アンリミテッドシリーズは格ゲー色の強いワンピースのゲームにおいて、初めて登場したアクションゲームです。 比較的新しいシリーズですが良作がそろっています。

尾田栄一郎による国民的漫画『ONEPIECE(ワンピース)』。個性豊かなキャラクターが次々と登場し目が離せません。そんなワンピースの名言・暴言・珍言・迷言集を集めてみました。心に残る名言や感動のセリフ、時には敵キャラによるあり得ない暴言を堪能して下さい。

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。
「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。
今回は、サイボーグである自身の特性を活かした戦法で、数々の敵との戦闘を行なっているフランキーの技についてまとめてみた。

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。
「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。
今回は、船長ルフィと供に数々の強敵を倒し、世界一の剣豪を目指している三刀流の使い手「ロロノア・ゾロ」の技についてまとめてみた。

ちなみに、黒ひげの母親の正体は既に『ワンピースマガジン』で発表されてます。どうやら黒ひげには「妹」もいるそう。黒ひげは白ひげと同様、実は「家族愛」に飢えているキャラクターなのかも知れない。

それが『ワンピース』25巻の扉絵の表紙。これはワンピースの扉絵の伏線としても有名ですが、「後の四皇メンバー」を表してる扉絵と言われてる。実際、黒ひげは四皇まで上り詰め、ルフィも五皇の一角に数えられる。あとはバギーだけ。

ただし、黒ひげがラスボスかどうかはやや微妙。やはりどこかキャラクター的に憎めない存在。また謎のイム様にルフィと同じく狙われる存在でもある。もし黒ひげが『ワンピース』の最終ラスボスと仮定したら、「誰かに狙われる」という演出を描くだろうか?

実際、黒ひげの「死亡フラグ」とも思えるワンピースの伏線がストーリー初期から実は隠されていました。

1997年から現在まで、週刊少年ジャンプにて大人気連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。
「海賊王」になることを夢見る少年が「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求める海洋冒険ロマンである。
今回は、「ヨミヨミの実」の力で死後魂となり、黄泉の国から復活したガイコツで、素早い剣術から多くの敵を打ち負かしてきた音楽家、ブルックの技についてまとめてみた。

そこでこれまでの『ワンピース』を振り返ると、黒ひげは「やたらと3個」に関連する描写が多かった。

マーシャル諸島はかつて第一次世界大戦時に日本が占領し、戦後はビキニ環礁でアメリカが水爆実験を行った場所としても知られます。日本も第五福竜丸と呼ばれるマグロ漁船が被爆し、その後、船長は死亡してる。この過去も黒ひげの過去と関連してる可能性が高い。

漫画・アニメ「ONE PIECE(ワンピース)」の壁紙を集めました。主人公のモンキー・D・ルフィ(麦わらのルフィ)をはじめ、ロロノア・ゾロ(海賊狩りのゾロ)、ナミ(泥棒猫)、ウソップ(狙撃の王様そげキング)、サンジ(黒足のサンジ)、トニートニー・チョッパー(わたあめ大好きチョッパー)、ニコ・ロビン(悪魔の子)、フランキー(鉄人”サイボーグ”)、ブルック(鼻唄のブルック、ソウルキング)、ジンベエ(海俠のジンベエ)といった麦わらの一味の壁紙がたくさんあります。

そもそも黒ひげの本名は「マーシャル・D・ティーチ」だったことからも分かるように、実は父親の姓であるロックスを名乗ってない。つまり、「マーシャル」という黒ひげの名字は母方の姓っぽい。何故、ロックス姓を名乗らないのかは不明ですが、もしかするとエースと同じ理由?

コメント

タイトルとURLをコピーしました